11/10-15「A Waiting Room」グループ展

A Waiting Room – 待つものと待たれるものの間


AKIRA, Moeka Osada, Rika Nakashima, Tamami Mizutani, Shiori Watanabe

AKIRA、長田萌夏、中島りか、ミズタニタマミ、渡辺志桜里


date & time /会期: 11/10(火)-15(日) 12:00-19:00 / 10:00- 17:00 on Sunday/日曜日のみ

※最終日の日曜日のみ時間が変動する可能性があります。

admission free, no booking required / 無料、予約不要

location / 会場: Goethe-Institut Tokyo

本展覧会「A Waiting Room」は、Goethe Institut Tokyo が来客者の滞在時に使用するアパートメント、2020年初頭から始まったコロナ禍において使用されなくなった空間を会場とする。現状は、「他者」と直接交流する機会をより減少させた。しかし、私たちはみえなくなった存在を完全に忘れてしまった訳ではない。プライベートな室内の中で、待つもの・待たれるものの存在を模索しながら、5人の美術作家AKIRA、中島りか、ミズタニタマミ、渡辺志桜里とパフォーマーの長田萌夏が作品を披露する。

This exhibition "A Waiting Room" will be held in the apartment located in Goethe Institute, where COVID-19 forced them to remain empty and lost their role for a while. This extraordinary situation accelerated the reduction of direct interaction with “Others” even more. However, we have not completely forgotten that disappeared being. Five artists AKIRA, Rika Nakashima, Tamami Mizutani, Shiori Watanabe and a dancer Moeka Osada will show their

works searching the correlation of waiting for and being waited within a private space.



最新記事

すべて表示

レクチャー 、パフォーマンス by ネス・ロケ

日時: 11月9日(月)18:00- 【オンライン配信アーカイブ】 配信リンク: https://youtu.be/nxSAhazuaBM (上記リンクより記録映像をご覧いただけます。配信リンクはオープニング・トークと同じとなります。) 概要: 俳優でありドラマトゥルクでもあるネス・ロケは、APAF Labと呼ばれるアートキャンプ(2020年8月~10月)の中間発表として、今回のレクチャーパフォー