パフォーマンス劇 「ナナ2020、東京」/ 朗読音楽付き絵本『ナナ』原画展

パフォーマンス劇「ナナ 2020、東京 」

日時:11月12日(木)、11月14日(土)19:00-


※要予約。参加登録は以下のフォームに登録してください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehb5qgG16s2RMkVKfJjyUVicl0s6US5pDvcH7_18uPisgPoQ/viewform?usp=pp_url


*ゆめいろさがし/ 代表:加藤理沙 

文章:加藤理沙/ 絵:間瀨結梨奈/ 作曲:田中弘基/ DTP, 振付, 役者:松本夏生/ 役 者:冨永春菜, 吉原志織/ ヴァイオリン:北澤華蓮/ ピアノ:渡邉友梨香/ 音響:中岡 尚子/ 映像:古屋朋子


*Groupe Name: Yumeiro Sagashi / Director: Lisa Kato 

Story teller: Lisa Kato/ Painter: Yurina Mase/ Composer: Hiroki Tanaka/ DTP, Choreographer, Actor: Natsuki Matsumoto/ Actor: Haruna Tominaga, Shiori  Yoshihara/ Violinist: Karen Kitazawa/ Pianist: Yurika Watanabe/ Musical Tech:  Hisako Nakaoka/ Video Tech: Tomoko Furuya 

Contact: Email and Mobile Phone (Lisa Kato)


*ゆめいろさがし:朗読音楽付き絵本を作り上演する、東京藝術大学美術学部・音楽学部3年生で構成される団体。

*Yumeiro Sagashi, that consists of third grade students of Tokyo University of the Arts, Music department and Art department, is a group that creates and performs picture books with music.


概要:

朗読音楽付き絵本『ナナ』をベースに、発話、身体、ヴァイオリン、ピアノ、映像 を用いて現実世界からファンタジーの世界に接続する 1 時間のパフォーマンス。コ ロナ不況の東京で仕事がなくなった「ぼく」とウマの家族に突然変異的に生まれた ユニコーンのナナから、マイノリティや社会的弱者のアイデンティティを問う作品。


Short description:

It is a one-hour performance based on a picture book “Nana.” In the performance  we try to access from the modern world to Nana’s world by acting, dancing, playing  the violin and the piano, and projecting words and pictures on the screen. The story is about the difficulties for the minorities to identify themselves by depicting “I”, who  lives in Tokyo and lost his job during the recession impacted by COVID-19 pandemic,  and Nana, who is a unicorn born mutantly in a family of horses.


展示会場では、絵本や音源などを販売しています。 舞台版『ナナ2020、東京』を11月12日(木), 14日(土)の19時から上演します。 Picture books and sounds are available for sale at the venue. The performance of "Nana 2020, Tokyo" will be held on November 12 and 14 at 19:00.







最新記事

すべて表示

レクチャー 、パフォーマンス by ネス・ロケ

日時: 11月9日(月)18:00- 【オンライン配信アーカイブ】 配信リンク: https://youtu.be/nxSAhazuaBM (上記リンクより記録映像をご覧いただけます。配信リンクはオープニング・トークと同じとなります。) 概要: 俳優でありドラマトゥルクでもあるネス・ロケは、APAF Labと呼ばれるアートキャンプ(2020年8月~10月)の中間発表として、今回のレクチャーパフォー