レクチャー 、パフォーマンス by ネス・ロケ

日時: 11月9日(月)18:00-

【オンライン配信アーカイブ】

配信リンク: https://youtu.be/nxSAhazuaBM

(上記リンクより記録映像をご覧いただけます。配信リンクはオープニング・トークと同じとなります。)


概要:

俳優でありドラマトゥルクでもあるネス・ロケは、APAF Labと呼ばれるアートキャンプ(2020年8月~10月)の中間発表として、今回のレクチャーパフォーマンスを発表しました。もともと昨年9月に制作されたレクチャー・パフォーマンスですが、ネスはパンデミックにおいて、音をベースにしたパフォーマンス形態を模索すると語っています。彼女は、現場にいてもいなくても(全員が同時に参加している限り)パフォーマーと観客の経験が等しくなるような、対面でも遠隔地でもパフォーマンスやアクセスが可能なライブ・レクチャー・パフォーマンスの創作を試みます。


Description:

From August to October 2020, actor and dramaturg Ness Roque participated in an art camp called “APAF Lab” (Asian Performing Arts Farm), under Tokyo Festival. For the first time, instead of coming together in Tokyo, the art camp was conducted all online, with Lab members participating remotely from different countries in Asia. Ness, who is from Manila but is currently in Japan, participated remotely from her room in Yokohama.


This lecture-performance was Ness’s midterm presentation in APAF Lab where she shares her interest in exploring sound-based performance forms during the pandemic. She attempts to create a live lecture-performance that can be performed and accessed both in person and remotely, while the performer and the audience's experience will be the same whether they are onsite or offsite (as long as they are all present at the same time).



プロフィール:

ネス・ロケ(Ness Roque、1991年生まれ、フィリピン・エンゼルス市出身)は、演劇・映画俳優、ドラマトゥルク、教育者。マニラを拠点とする現代パフォーマンスカンパニー「シパット・ローイン・アンサンブル」のメンバーとして活動(2009年~2018年)。また、フィリピンでデザイン性の高い学習体験づくりに特化した教育NPO「Habi Education Lab」で学習体験デザイナーを務めた(2017~2019年)。Roqueは文部科学省の奨学金受給者であり、現在、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科(リサーチ専攻)に在籍している。現在、彼女は都市空間におけるサイトスペシフィックな介入として、音に基づくパフォーマティブなジェスチャーを探求している。最近の公演に、アルフィアン・サアットの『オプティック・トリロジー』などがある。朗読劇(BIPAM 2019)、ビジュアルアーティストのラルフ・ルンブレスのビデオプロジェクト「Sa Pagitan 1: Mekong River」(2020)などがある。


Profile:

Ness Roque (b. 1991, Angeles City, Philippines), is a theater and film actor, dramaturg, and educator. She was a member of the Manila-based contemporary performance company Sipat Lawin Ensemble (2009–2018). She was also a learning experience designer at Habi Education Lab, an education NPO dedicated to making well-designed learning experiences in the Philippines (2017-2019). Roque is a MEXT scholarship recipient and is currently a graduate student at the Tokyo University of the Arts - Graduate School of Global Arts (Major in Research). She is currently exploring sound-based performative gestures as site-specific interventions in urban spaces. Recent performances include Alfian Sa’at’s The Optic Trilogy: A Play Reading (BIPAM 2019) and visual artist Ralph Lumbres’ video project Sa Pagitan 1: Mekong River (2020).