11月13日(金) オンライン・シンポジウム「地域アートフェスティバルのオンライン化プロジェクト~東京・天王洲の事例」

日時:11月13日(金)16:00〜18:00

  【オンライン配信のみ】https://youtu.be/iunNUtElyqQ

登壇者(五十音順)

辰巳清(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科・株式会社アミューズ プロデューサー)

中條基(別冊カドカワ プロデューサー) 

三宅康之(一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会代表理事)    

毛利嘉孝(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授) 

森結紀納(一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会事務局リーダー)

In recent years, the Tennozu area in Shinagawa Ward, Tokyo, has seen a concentration of art facilities such as galleries and various events held there several times a year, actively revitalizing the area through art.

In the midst of the spread of the new coronavirus, the art festival in August and October has been put online.

We report on the situation on the ground with members of the Tennozu-Canalside Revitalization Association, who are at the heart of the city's urban development through art.


最新記事

すべて表示

レクチャー 、パフォーマンス by ネス・ロケ

日時: 11月9日(月)18:00- 【オンライン配信アーカイブ】 配信リンク: https://youtu.be/nxSAhazuaBM (上記リンクより記録映像をご覧いただけます。配信リンクはオープニング・トークと同じとなります。) 概要: 俳優でありドラマトゥルクでもあるネス・ロケは、APAF Labと呼ばれるアートキャンプ(2020年8月~10月)の中間発表として、今回のレクチャーパフォー