【イベント】Arts in COVID-19 コロナ禍における文化芸術

更新日:2020年11月15日




 Arts in COVID-19 コロナ禍における文化芸術


 新型コロナウイルスは、私たちの生活を一変させました。文化や芸術も例外ではありません。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの展覧会やコンサート、演劇が中止または延期を余儀なくされました。開催する際でも、消毒を定期的に行い、三密を避け、ソーシャルディスタンスを確保するなどさまざま対策が必要とされています。その一方で、インターネットなどデジタルメディアを用いた新しい試みも始まっています。

 東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科(GA)は、こうした状況に際し、教育研究プログラムとして「COVID-19時代における文化芸術プロジェクト」を6月に立ち上げ、大学院生を中心にこの時代にどのような文化芸術活動が可能なのかを模索してきました。今回の1週間にわたる複合イベント「コロナ禍における文化芸術」は、それを踏まえて、具体的にどのような活動が可能なのかを実践的に考えつつ、コロナ禍の私たちの生活を再考しようというものです。

 11月9日(月)ー15日(日)の1週間にわたって、作品の展示、演劇・パフォーマンスの上映、そしてシンポジウムが開催されます。コロナ禍においてーーーそして、ポストコロナ時代に、どのような文化芸術が可能なのか。そして、その時にデジタルメディアはどのような役割を果たすのか。参加者と一緒に考えたいと思います。


プログラム・ディレクター:

毛利嘉孝(東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科教授)



開催概要


日程: 2020年11月9日(月)-15日(日)

場所:ゲーテ・インスティトゥート東京(〒107-0052東京都港区赤坂7-5-56)+オンライン

主催:東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科(GA)「COVID-19時代における文化芸術プロジェクト」

共催:ゲーテ・インスティトゥート東京

入場無料。以下のプログラムのうち「※」印は予約が必要です。館内混雑時には鑑賞者の人数制限をすることがあります。


プログラム・スケジュール


  1. イベントプログラム【シンポジウム・トーク・演劇・パフォーマンス】


11月9日(月) 


(1)オープニング・トーク「コロナ禍における文化芸術」

日時: 11月9日(月) 17:00〜 【オンライン配信のみ

報告者:毛利嘉孝(東京芸術大学教授)、ベッカ・ペリーフライBecca Pelly- Fry (キュレーター)、本間かおり(アーティスト、Art Action UK)

配信リンク: https://youtu.be/nxSAhazuaBMhttps://youtu.be/nxSAhazuaBM


(2)レクチャー 、パフォーマンス by ネス・ロケ

日時: 11月9日(月) 18:00~【オンライン配信のみ

配信リンク: https://youtu.be/nxSAhazuaBM (配信リンクはオープニング・トークと同じとなります。)


詳細はこちら


11月10日(火)


(3)一人芝居「孵化器・ドアの翅 by 今井祥子、堀安祐子、原田美緒

ある日突然ここに閉じ込められ誰にも触れることも触れられることもなく、ただ与えられた体と生活ポッキリの箱で誰もドアをノックすることはないのに、こちら側から「コンコン」と叩くと睨まれてしまいました。渋谷の街を歩いているとどこからともなく笑い声が聞こえますが、誰が笑っているのかはわかりません。人々が箱の中に入ってしまったので、生まれたての赤ちゃんは笑い方を学習できないそうです。私も忘れてしまったようです。


日時:11月10日(火)14:00/17:00/19:00

※要予約。参加登録は以下のフォームに登録してください。

https://peatix.com/event/1681098/view


11月11日(水)


(4)パフォーマンス劇「Profhecy」 by 劇団Swimming

日時:11月11日(水)19:00~

※要予約。参加登録は以下のフォームに登録してください。

https://peatix.com/event/1687391/view


11月12日(木)


(5)パフォーマンス劇 「ナナ2020、東京」

日時:11月12日(木)19:00~

企画・出演: ゆめいろさがし(加藤理沙、北澤華蓮、渡邉友梨香、田中弘基、間瀨結梨奈、松本夏生、冨永春菜、吉原志織、中岡尚子、古屋朋子)

※要予約。参加登録は以下のフォームに登録してください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehb5qgG16s2RMkVKfJjyUVicl0s6US5pDvcH7_18uPisgPoQ/viewform?usp=pp_url


11月13日(金)


(6)シンポジウム「地域アートフェスティバルのオンライン化プロジェクト~東京・天王洲の事例~」

日時:11月13日(金)16:00〜18:00 オンライン配信のみ】

登壇者(五十音順)

辰巳清(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科・株式会社アミューズ)

中條基(別冊カドカワ プロデューサー) 

三宅康之(一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会代表理事)    

毛利嘉孝(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授) 

森結紀納 (一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会)

配信リンク: https://youtu.be/iunNUtElyqQ


11月14日(土)


(7)パフォーマンス劇 「ナナ2020、東京」

日時:11月14日(土)19:00-

企画・出演: ゆめいろさがし(加藤理沙、北澤華蓮、渡邉友梨香、田中弘基、間瀨結梨奈、松本夏生、冨永春菜、吉原志織、中岡尚子、古屋朋子)

※要予約。参加登録は以下のフォームに登録してください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehb5qgG16s2RMkVKfJjyUVicl0s6US5pDvcH7_18uPisgPoQ/viewform?usp=pp_url


11月15日(日)


(8)シンポジウム「COVID-19時代のメディアと文化」

日時:11月15日(日)18:00-21:00 【オンライン配信のみ】

配信リンク:

https://youtu.be/K-blnie0SCw(日本語) /https://youtu.be/2vXgxfL6tV0(English)


登壇者:

マシュー・フラー(ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ教授)

アンソニー・ファン(香港中文大学教授)

伊藤守(早稲田大学教授)

水嶋一憲(大阪産業大学教授)

清水知子(筑波大学准教授)

大山真司(立命館大学教授)

毛利嘉孝(東京芸術大学教授)


ポストメディア研究会のHP:http://postmedia-research.net




2. 展示プログラム


期間:11月10日(火)-15日(日)12:00~19:00(最終日は15時まで)

場所: ゲーテ・インスティトゥート(〒107-0052東京都港区赤坂7-5-56)内、ホール、ホワイエ、アパートメント

無料、予約不要。上記の時間は状況に応じて変更することがあります。必ず事前にHPにて

確認してください。


■「A Waiting Room」 / グループ展 

AKIRA、長田萌香、中島りか、ミズタニタマミ、渡辺志桜里

本展示 A Waiting Room は、ゲーテ・インスティトゥートが来客者の滞在時に使用するアパートメント、現状のコロナ禍において使用されなくなった空間を会場とする。現状は、「他者」と直接交流する機会をより減少させている。しかし、私たちはみえなくなった存在を完全に忘れてしまった訳ではない。プライベートな室内の中で、待つもの・待たれるものの存在を模索しながら、5人の美術作家AKIRA、中島りか、ミズタニタマミ、渡辺志桜里とダンサーの長田萌夏が作品を披露する。


◾️「C19」/ ビデオインスタレーション

Philippos Kappa


■「ナナ2020、東京」原画展 / 絵画展

加藤理沙、間瀨結梨奈


■「Unwanted Sound」 / インスタレーション

柳井信乃、居原田遥(展示協力)


■『集う』/ インスタレーション

境実鈴、植田望裕


■「コロナ時代のニューミソロジー」/グループ展

方瑒Yang Fang、Roque Janessa Louise、Franchesca Casauay, Prodjx Artist Community,張清越 Zhang Qingyue


新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて(必ずお読みください)

COVID-19プロジェクトでは、新型コロナウイルス対策のために、三密を避け、換気、ソーシャルディスタンスを十分確保して、公演・展示を行います。公演については事前予約によって人数制限を行います。展示に際しても、人数制限を行いますので、時間帯によってはお

待ちいただくことがございます。あらかじめご了承ください。また入場時には検温と消毒、連絡先のご記入、滞在時はマスクの着用を必ずお願いいたします。企画の一部はすべてオンラインで行われますので、ご注意ください。


来館される皆様へのお願い

・マスクは必ず着用してください。

・37.5℃以上の発熱が確認された方は、入館をお断りさせていただきます。

・発熱や風邪の症状がある方、体調に不安がある方、気分が優れない方は入館をご遠慮く

ださい。


最新の情報は、以下の特設HPでご確認ください。

https://www.artsincovid19.geidai.ac.jp/post/artcovid19evet


お問い合わせ:COVID-19調査研究プロジェクト GA artsincovid19-ga@ml.geidai.ac.jp


"Arts in COVID-19"


November 9 (Monday) - 15 (Sunday), 2020

Location: Goethe-Institut Tokyo (7-5-56 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-0052) + Online


Organized by Graduate School of Global Arts (GA), Tokyo University of the Arts

‘Arts in the Time of COVID-19’Project 

Co-organized by the Goethe-Institut Tokyo


The novel coronavirus has changed our lives. Arts are no exception. Many exhibitions, concerts and plays had to be cancelled or postponed as a result of the spread of the pandemic. Even when they are held, a variety of measures are required, such as regular disinfection, avoidance of 3Cs (=closed spaces, crowded places and close-contact settings), and social distancing. At the same time, new experiments with digital media conference/meeting services have begun.

    In response to this situation, the Graduate School of Global Arts (GA), Tokyo University of the Arts launched in June the ‘Arts in the Time of COVID-19’ project as an educational and research program with postgraduate students to explore what kind of artistic activities are possible in this crisis. This week-long composite event, "Arts in COVID-19," aims to rethink our daily lives in the novel coronavirus disaster era, while considering what cultural and art practices are possible in light of this project.

   From Monday, November 9 to Sunday, November 15, there will be an exhibition of artworks, screenings of plays, performances, and online/offline symposiums. What kind of culture and art are possible in the wake of the novel coronavirus crisis - and in the post-coronavirus era? What will be the role of digital media in relation to art under this particular condition? We would like to invite all to discuss these difficult questions.


Program Director

Yoshitaka Mōri (Sociologist and Professor, Graduate School of Global Arts, Tokyo University of the Arts)


Entry free ※ require the online reservation in each program

・If the museum becomes very crowded, it may be necessary to impose entry restrictions. We ask for your cooperation and understanding in advance.


Programme Schedule


A. Symposium, Talk event, and Performance,


9th Nov.(Mon)

(1)Opening Talk "Arts and Culture in the Time of Covid-19"

Speaker:Yoshitaka Mōri(Tokyo University of the Arts), Becca Pelly- Fry (Curator), Kaori Honma(Artist, Art Action UK), and others.

Date: 9th Nov.(Mon) 17:00-

Please watch on YouTube: https://youtu.be/nxSAhazuaBMhttps://youtu.be/nxSAhazuaBM


(2)Lecture & Performance by Ness Roque

Date: 9th Nov.(Mon) 18:00-

Please watch on YouTube: https://youtu.be/nxSAhazuaBMhttps://youtu.be/nxSAhazuaBM


10th Nov.(Tue)

(3)Solo Performance「As You Exit Toby Shoko Imai, Ayuko Hori and Mio Harada

A white incubator suddenly appeared one day. Someone coughed from inside it. Faceless eyes glance at it.Listen in on the crowd of laughter in the metropolis. Newborn babies are learning to laugh caged in an incubator, even though I have forgotten how to laugh.


Date: 10th Nov. Tue. 14:00/17:00/19:00

※ Require the online reservation. Registration in here: 

https://peatix.com/event/1681098/view


11th Nov.(Wed)

(4)Performance play「Prophecy」

Swimming

Date: 11th Nov. Wed. 19:00

※ Require the online reservation.  Registration in here:

https://peatix.com/event/1687391/view


12th Nov.(Tsu)

(5)Performance play “Nana2020, Tokyo”

Yumeiro Sagashi(Risa Kato, Karen Kitazawa, Yurika Watanabe, Hiroki Tanaka, Yurina Mase, Natsuki Matsumoto, Haruna Tominaga, Shiori Yoshihara, Hisako Nakaoka, Akiko Furuya)

Date:  12th Nov. Thu. 19:00-

※ Require the online reservation. Registration in here:  https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehb5qgG16s2RMkVKfJjyUVicl0s6US5pDvcH7_18uPisgPoQ/viewform?usp=pp_url


13th Nov.(Fri)

(6)Symposium "Bringing Regional Art Festivals Online Project~Case Study: Tennozu, Tokyo

Date:13th Nov. Fri. 16:00-18:00

Speaker:Kiyoshi TatsumiMotoi Nakajo, Yasuyuki Miyake, Yoshitaka Mouri and Yukina Mori 

Please watch on YouTube: https://youtu.be/iunNUtElyqQ


14th Nov.(Sat)

(7)Performance play “Nana2020, Tokyo”

Yumeiro Sagashi(Risa Kato, Karen Kitazawa, Yurika Watanabe, Hiroki Tanaka, Yurina Mase, Natsuki Matsumoto, Haruna Tominaga, Shiori Yoshihara, Hisako Nakaoka, Akiko Furuya)

Date: 14th Nov. Sat. 19:00-

※ Require the online reservation. Registration in here:  https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehb5qgG16s2RMkVKfJjyUVicl0s6US5pDvcH7_18uPisgPoQ/viewform?usp=pp_url


15th Nov.(Sun)

(8)Symposium:"Media and Arts in the Time of COVID-19"

Date:15th Nov. Sun. 18:00-21:00 

Please watch on YouTube:

https://youtu.be/K-blnie0SCw(日本語) /https://youtu.be/2vXgxfL6tV0(English)


Speaker: Matthew Fuller (Goldsmiths, University of London), Anthony Fung(The Chinese University of Hong Kong), Mamoru Ito(Waseda University), Kazunori Mizushima(Osaka Sangyo University), Tomoko Shimizu(University of Tsukuba), Shinji Oyama(Ritsumeikan University), Yoshitaka Mōri(Tokyo University of the Arts)


This symposium is broadcasted in Japanese and English via Youtube.

Please find more info:  http://postmedia-research.net




B. Exhibition

10th(Tue)-15th(Sun)12:00-19:00(15th will close at 15:00)

Entry Free, No booking 


■"A Waiting Room" 

AKIRA, Moeka Osada, Rika Nakashima, Tamami Mizutani, Shiori Watanabe

Apartment, Side passage of the Library, Street


■"C19", Video Installation

Philippos Kappa


■"Nana2020, Tokyo" Original pictures' exhibition

Risa Kato, Yurina Mase


■ "Unwanted Sound", Installation

Shino Yanai(Artist), Haruka Iharada(Curator)


■ "Gathering", Photo Installation

Misuzu Sakai, Noyu Ueda


■ "New Mythology in Covid-19", Group exhibition 

Yang Fang、Roque Janessa Louise、Franchesca Casauay, Prodjx Artist Community and Zhang Qingyue



Our Countermeasures against the New Coronavirus (COVID-19) [Please Read Prior to

Your Visit]

Arts in COVID-19 project is now taking various countermeasures against the new coronavirus (COVID-19) in consideration of the health and safety of our patrons and staff members. Temperature checks, maintaining physical distance and mandatory mask wearing (for all visitors) are among the efforts we deploy. We appreciate your kind understanding and cooperation in advance.

We limit the number of people in our facility in consideration of the health and safety of our patrons. Depending on the situation, there may be cases where admission requires an advance booking for a performance play or limit the number of audiences in the exhibition in order to control traffic. Please note that some of the events will be done entirely online.


How you can help

-We conduct initial temperature checks and sanitize your hands at the reception.

- Wear a mask.

-Entrance into facilities will NOT be permitted if you have a temperature exceeding

37.5°C (99.5°F).

-Refrain from entering the facility if you are concerned with your physical condition or do

not feel well.


Please find the latest information:

https://www.artsincovid19.geidai.ac.jp/post/artcovid19evet


Contact: artsincovid19-ga@ml.geidai.ac.jp